いばらき圏央道沿線ナビ

インフォメーション観光情報産業情報サイト概要
各市町村の紹介工業用地一覧圏央道沿線地域の魅力各市町村の優遇措置協議会について

トップ > 産業情報 > 圏央道沿線地域の魅力

産業情報

 

圏央道沿線地域の魅力

 

都心から30km〜60kmの地域 交通ネットワーク 豊富な人材 研究学園都市

交通ネットワーク

 


クリックで拡大します。

圏央道沿線地域では首都と関東一円を迅速に結ぶ交通ネットワークの整備が進み、移動時間の短縮、輸送量の増加などビジネスを強力にバックアップする態勢が整っています。

 

道路

圏央道

県南、県西地区を横断し、関東の主要都市をネットワークで結びます。

常磐自動車道

東京を起点に県内を縦断。

東北自動車道

東京を起点とし、埼玉、栃木を経由し東北地方へつながります。本地域西端から数キロ西を走ります。圏央道と直結。

北関東自動車道

茨城・栃木・群馬を結ぶ横断道路。常陸那珂港に直結。

東関東自動車道水戸線

東京・成田から水戸まで延長。

 

鉄道

JR常磐線

上野〜仙台間をつなぎ、地域中央部を縦走しています。本県の都市形成の基軸を担っています。

JR東北線(宇都宮線)

地域西端には古河駅があり、湘南新宿ラインにより、上野駅のみならず、新宿と約1時間で結ばれています。

つくばエクスプレス(TX)

平成17年に開通した、秋葉原駅とつくば駅を約45分で直結させる路線です。首都との近接性が高まるとともに、沿線の市街地形成に大きく寄与しています。

関東鉄道常総線

取手駅〜下館駅を走行します。
守谷駅でつくばエクスプレスと接続します。

関東鉄道竜ヶ崎線

佐貫駅〜竜ヶ崎駅を走行します。
佐貫駅で常磐線と接続します。

 

港湾・空港

鹿島港

鹿島臨海工業地帯の原材料や製品を運ぶ工業港として重要な役割を担ってきましたが、近年、首都圏における物流の効率化や再編が進む中で、一般公共貨物輸送の拠点として京浜方面からシフトしてくる貨物が増加し、首都圏の物流を担う商業港としての性格も強めてきています。

常陸那珂港

最新鋭の国際海上コンテナターミナルを有する中核国際港湾として整備が進められており、日本を代表する物流企業が集積しています。今後、北関東自動車道が開通(平成23年3月開通)海外と国内を結ぶ広域の物流拠点としての機能が一層発揮されます。

成田国際空港

旅客のみならず貨物の取扱量でも我が国で第1位の空港であり、産業活動を担う空路として広域の拠点です。つくば市に所在するつくば国際貨物ターミナル(株)では、成田国際空港との近接性を活かして「インランド・デポ」を運営し、国際物流に関する様々なサービスを行っています。

茨城空港

平成22年3月にオープンした「茨城空港」は、圏央道沿線地域から北東約30kmに位置しています。
北海道、神戸、上海(中国)、沖縄(期間限定)への空路が開かれ、大変便利になりました。

 

 

 

 

 

google
文字サイズ
縮小拡大
get_flash_player