いばらき圏央道沿線ナビ

インフォメーション観光情報産業情報サイト概要
各市町村の紹介工業用地一覧圏央道沿線地域の魅力各市町村の優遇措置協議会について

トップ > 産業情報 > 沿線市町村の紹介

産業情報

沿線市町村の紹介

 

古河市

古河市のホームページへ >>

 

商業と歴史(古河地区)、工業(総和地区)、農業(三和地区)と、バランスのとれた地域です。
昭和30年代から工業団地を形成してきた伝統ある工業地域で、従業者数千人以上の企業も多く立地しています。主な業種は食料品、輸送機械、プラスチック、金属製品で、他の業種も豊富です。古河市工業会には大小の立地企業が参加して活発に交流し、従業者にも好評です。

また、総和工業高校、県立産業技術専門学校、民間の専門学校等が立地し、県西の人材育成・技能養成拠点ともなっています。市として子育て支援に力を入れるなど、従業者家族にやさしい地域でもあります。

重点促進区域(5か所351ha)は、全区域で工場立地法の特例措置を講じて緑地率を緩和、有効な土地活用が可能で、東北道と圏央道のクロス点に近い立地条件が注目されています。

 

  

工業の姿

(平成17年工業統計調査)

・事業所数

469所

・従業者数

18,332人

・製造品出荷額

5,105億円

 

主要立地企業

・山崎製パン
・ヤマザキナビスコ
・京三電機
・積水ハウス

製品出荷額の構成

(平成17年工業統計調査)

 

もっとPR(今後の展望)

・今後は、先端技術産業、流通産業の集積にも力を入れたい。
・市の北部に工業団地を造成中。また、東部と中央を「みどりの産業交流拠点」として整備予定。
・圏央道からのアクセスは、仮称(境IC・五霞IC)を利用すると便利。また、筑西幹線道路が整備されると一層利便性が高まる。

 

 

 

▲このページのトップへ

 

 

google
文字サイズ
縮小拡大
get_flash_player